マイン 顔面輪郭再手術

顔面輪郭再手術とは?

エラから頬骨、オトガイまで豊富な顔面輪郭手術の経験とノウハウで
機能改善と美的改善を考慮して不均衡を正すことが重要です。

輪郭手術をすでに施行しているにもかかわらず、縮小改善効果がなかったり、二次角、
非対称などで不自然な顔面輪郭手術部位を正確に分析·把握し、
患者様の状態に合う安全な手術法で形態復元
および再手術を通じてより自然でバランスの取れた
顔面輪郭に改善することができます。

再手術は1次手術後、手術部位の骨と組織損傷がある程度回復され、
6ヶ月ほど経ってから行うことがいいです。

顔面輪郭再手術とは?

エラから頬骨、オトガイまで豊富な顔面輪郭手術の経験とノウハウで
機能改善と美的改善を考慮して不均衡を正すことが重要です。

輪郭手術をすでに施行しているにもかかわらず、縮小改善効果がなかったり、
二次角、非対称などで不自然な顔面輪郭手術部位を正確に分析·把握し、
患者様の状態に合う安全な手術法で形態復元および再手術を通じてより
自然でバランスの取れた 顔面輪郭に改善することができます。

再手術は1次手術後、手術部位の骨と組織損傷がある程度回復され、
6ヶ月ほど経ってから行うことがいいです。

1次手術より難しい再手術

  • 心理的不安感以前の手術の不満足による不信と消極的な判断が
    正確な再手術を難しくする原因になる可能性があります。

  • 既存の顔の構造組織変形顔の骨や皮膚、筋肉、脂肪、神経組織などが変わった
    状態で手術を行わなければなりません。

  • 固定点の構築が難しい前の手術で骨が移動したり減ったりして、
    固定点を取るスペースが少ないです。

経験と技術を備えた専門医を見つけて、
再手術の繰り返しを防がなければなりません。

輪郭再手術は難しい手術であるだけに、病院と専門医の選択にさらに慎重すべきです。
以前の手術の問題をきちんと把握できなかったり、技術的に不足して間違った手術が行われた場合、
また別の再手術が必要な状況が発生する可能性があるためです。

経験と技術を備えた専門医を見つけて、
再手術の繰り返しを防がなければなりません。

輪郭再手術は難しい手術であるだけに、病院と専門医の選択にさらに慎重すべきです。
以前の手術の問題をきちんと把握できなかったり、技術的に不足して間違った手術が
行われた場合、また別の再手術が必要な状況が発生する可能性があるためです。

エラ骨切り

過度に削られたエラの場合、自家骨または人工骨の
プロテーゼを通して陥没した部位を復元することができ、
二次角や非対称の場合、3D CTによる精密分析で
よりバランスの取れた顎ラインに改善できます。

  • ラインに変化がないように感じる場合
  • 過度に切ったアゴの形でひどく貧弱に見えたり
    陥没して見えたりする場合
  • 二次角や非対称の顎ラインで形成された場合

過度に削られたエラの場合、自家骨または人工骨の
プロテーゼを通して陥没した部位を復元することができ、
二次角や非対称の場合、3D CTによる精密分析で
よりバランスの取れた顎ラインに改善できます。

  • ラインに変化がないように感じる場合
  • 過度に切ったアゴの形でひどく貧弱に見えたり
    陥没して見えたりする場合
  • 二次角や非対称の顎ラインで形成された場合

頬骨骨切り

頬骨骨切り後、頬のたるみ現象や両側のボリュームが異なる場合など、
1次頬骨骨切り時、過度な皮膚剥離や固定が正確に行わなかったため生じる
現象なので個別状態による正確な原因分析後、頬骨骨切り再手術を通じて
頬のたるみなく、より自然でバランスの取れた頬骨ラインに改善することができます。

  • ボリュームや輪郭縮小の効果がほとんどない場合
  • 両頬骨の縮小が均等に行われず、左右差がある場合
  • 頬がたるんだ場合
頬骨骨切り後、頬のたるみ現象や両側のボリュームが異なる場合
など、1次頬骨骨切り時、過度な皮膚剥離や固定が正確に
行わなかったため生じる現象なので個別状態による正確な
原因分析後、頬骨骨切り再手術を通じて 頬のたるみなく、より
自然でバランスの取れた頬骨ラインに改善
することができます。
  • ボリュームや輪郭縮小の効果がほとんどない場合
  • 両頬骨の縮小が均等に行われず、左右差がある場合
  • 頬がたるんだ場合

オトガイ形成術

以前行われた手術後、変形された骨の様子を分析した後、下顎骨の中を通る神経線の
位置を確認し、整える余裕分の骨があるかどうかを検討した後、残っている骨を
口内切開を通じて整えます。

  • 依然として長いオトガイ
  • 輪郭に変化がない場合

以前行われた手術後、変形された骨の様子を分析して下顎骨の
中を通る神経線の位置を確認し、整える余裕分の骨があるか
どうか検討した後、残っている骨を口内切開を通じて整えます。

  • 依然として長いオトガイ
  • 輪郭に変化がない場合

マイン美容外科

顔面輪郭センター

  • 全身麻酔の負担を軽減した睡眠麻酔で、15分~20分程度の短い手術時間がメリット!
    入院不要の当日退院が可能な1DAY手術で、麻酔科専門医の常駐で手術前から退院時まで1:1モニタリングケア!
  • 傷跡が見えない1cm程度の最小切開による短時間での手術で
    出血、腫れ、痛み、組織損傷を最小限に抑えた早い回復!
  • 手術前の3D CT 顔の骨の診断による正確な手術計画と豊富な手術経験による繊細な手術!
    顔の横幅の縮小と頬のたるみ現象を考慮した顔面輪郭完成!